玉石混合のスマートフォンのゲーム市場

スマートフォンのゲームは、今や数百では収まらない数のゲームが配信され、飽きることなく遊べるようになっています。
大半は無料でそれでいて課金しなくても十分遊べるレベルのクオリティになっていますし、移動時間であったりちょっとした仕事の休憩時間の間にちょこちょこっと操作して遊ぶという、まさに隙間を狙ったゲームが多く、自由になる時間が少ない社会人の方でも無理なく遊べる仕様になっています。
大半のゲームがそういったタイプのゲームなのですが、中には従来の家庭用ゲーム機のようにガッツリと遊べるようなタイプのゲームもあったりして、様々なゲームファンを楽しませています。
さて、スマートフォンゲームの魅力といえば、やはり「技術があれば誰でも作れる」という部分です。
従来の据え置き機のゲームであれば、特殊な開発環境が必要となりゲーム製作会社などが専門的に作って流通させるしかありませんでした。
しかし、スマートフォンのゲームであれば、家庭用のパソコンでも十分面白い作品が作れますし、誰もが同じ土俵で勝負することが出来ます。
日本を代表する有名メーカーがテレビCMをバンバン打ってPRしているゲームも、弱小メーカーが冊子やインターネット上でちょこっと宣伝しているゲームも、個人製作でひっそりと公開されているゲームも、全てが同じ土俵となります。
これが是か否かというのは賛否両論ありますが、しかしそれは純粋にゲーム自体の面白さが評価されることにもつながります。
個人製作でも大手が作ったゲームよりも面白い場合も多いですし、口コミやネットの評判で人気が高まった個人製作のゲームも少なくありません。
今のスマートフォンのゲーム市場は、まだまだ玉石混合の混沌とした状態です。
大手メーカーの出した安定したゲームだけを楽しむもよし、個人製作された異色作を探し出して遊ぶもよし、様々な楽しみ方が出来るのが、現在の市場です。
個人製作でも全体的なクオリティの向上が出てきているので、まだスマホのゲームで遊んだことが無いという人は、目に付いた作品を適当に遊んでみると良いかもしれません。個人的にお勧めなのは刀剣乱舞ですかね。関連サイトも刀剣乱舞塾(絵馬/手入れ部屋/刀剣所持枠/鍛刀部屋/お守り無料) みたいなのが沢山ネットにありますから攻略に困ったら参考する物がたくさんあるので遊びやすいのではないでしょうか。


スマホゲーは暇潰しに最高です

社会人になってからゲームなんて全然していませんでした。
というのも移動の多い仕事でしたから家ゲーやオンラインゲームができるわけありませんでした。
かといって休日にゲームをしたい気持ちはなく、本当にゲームに対して興味は持っていませんでした。
しかしスマホが普及するに従って、テレビのCMや友人や同僚等々からスマホゲーについて頻繁に聞くことがありました。当時はスマホゲーなんてまったく知りませんでしたから、よくまあスマホの小さい画面でゲームなん遊べるものだなと感心すらしていました。
とまあそんな感じで頻繁に耳にするようになったので、自分自身が興味を持つことになりました。別に特定のジャンルのゲームがしたいわけではなく、単に移動の際の暇潰しになれば、と思っていました。
そのころ定期的に聞いたゲームの名前はパズドラや白猫プロジェクトでした。たしかに今でもかあんり人気があるらしく、プレイ人数はかなり存在しているようです。
基本的にどのスマホゲーでもガチャというシステムがありました。これはランダムの抽選でアイテムやキャラクターが当選し、時々レアなアイテムやキャラクターが当選します。無料プレイでもガチャをすることはできますが、せいぜい2日に1回程度しかできません。
一方、数千円の課金をすることで何回でも抽選を受けることができます。しかしこれは考えれば簡単なことで、お金を多く課金した人が強くなるシステムということです。プレイ時間や操作のテクニック等々は無関係といっても過言ではないのです。しかも強いステージは弱いキャラクターでクリアすることは大変難しく、ここまでかといった具合になって飽きてしまいます。
私は別に課金して強くなろうとは思いませんでした。あくまで移動の際の暇潰しの考えですから、遊べるまで遊べればいやという思いでした。
結果的に多くのスマホゲーで遊びましたが、どれも中途半端にしかできませんでした。ただそれでも暇潰しには最適で、本気にならない私のような人は、スマホゲーで暇潰しは確実にできます。


スマホゲームの課金のメリットとそのポイント

ここ最近のゲーム全般は、昔と状況が大きく変わってきています。なぜなら最近のゲームは、課金要素があるからです。特にスマホでプレイするタイプのゲームの場合は、そのシステムが採用されている事が非常に多いのです。
スマホゲームは、基本的には無料でプレイする事はできます。そして多くのスマホゲームは、全くお金をかけなくてもクリアする事自体は可能なのですね。
現に私もあるスマホのゲームをプレイしているのですが、あれは時間さえかければクリアできると思います。現に私はそのゲームに対して全く課金していませんが、それでもある程度のレベルに到達しているのですね。恐らくこの調子で頑張れば、いずれそれをクリアできると思います。
ただし非課金のメリットは、かなりの時間がかかる点ですね。確かに全くお金をかけなくてもクリアする事はできるのですが、多くの時間を使わなければなりません。それが少々勿体ないと考えるのであれば、課金する方が望ましい一面もあるでしょう。
それと非課金には、ゲームの楽しみに関するデメリットもあります。全くお金をかけずにプレイする事もできるのですが、購入アイテムに関する制限が生じるケースが圧倒的に多いです。課金をする方が、ゲームを有利に進めるためのアイテムを多く購入できる傾向があります。ですのでゲームを効率良く楽しみたいと思うならば、やはり課金をする方が良いでしょう。
ただし、当然お金がかかります。際限なく課金する事も可能ですが、当然それにも限界があるでしょう。
課金額を抑えるためのコツとしては、やはり1ヶ月あたりの制限を設けておくのが一番良いと思います。1ヶ月に1,000円以上使わないとのルールを設定したら、それを死守するのが良いでしょう。もちろん2,000円以上使ってはなりません。そのような制限を設けておけば、必要以上にスマホゲームに多くのお金を使うこともないと思います。財布の紐を固く閉める事も必要だと思いますね。


コンピュータゲームが面白いと思っている自分の理由

現代では携帯機器やコンピュータを使ったゲームが流行っていて気になります。私は以前からそういったゲームをプレイしているので慣れていると思っています。得意なジャンルはアクション系なので殆ど制覇できると思います。しかしコンピュータゲームだと内容がより広大になっているので難しいソフトもあると考えます。
パソコンではゲームを意識して研究が進んできたので面白いソフトがあるのは当然です。私はそういった作品を常に遊んでいて容量なども気にしていました。しかし最近では容量が大きいゲーム機が出ているので心配が少なくなっています。こういった圧倒的な進歩を見て自分は今の日本の技術の高さを感じます。
コンピュータゲームが面白いのは単純に複雑なシステムも簡単に遊べるためです。現代ではオンラインも利用できるのでその幅は非常に広いのです。私は今の会社のランク分けもしていて非常に高いクオリティが維持されていると思います。特にプレイステーション系は楽しめる要素が多くて大好きなものです。
アクションや育成などのスタイルが浸透していてゲームも多様化しています。近年ではオンラインに重点を置いている作品もあって意外なアプローチになっています。パソコンからは常にインターネットに接続できるので遊ぶことは簡単です。更にオンラインやスマホゲームだと課金の要素もあって新しい世界に入り込めます。
一連の機械や作品が楽しいのは製作会社が努力しているためだと実感します。現在ではゲームの製作会社は非常に多くて有名なところは大きな売り上げを出しています。その事実を見ると日本の作品が世界に通用していることが分かります。これは一人のファンとしては嬉しいことで同時に感心します。
コンピュータが誕生してから短期間でゲーム開発が進んだのでそれは凄いです。私はそういった世界の人の探求心に圧倒されました。何故なら今は色々な機械が登場していてどれもユニークだからです。スマホでもパソコンでも自由にゲームできるのが面白さの秘訣になっています。


子供の頃に楽しんだゲームをぷよぷよ!!クエストでもう一度!

私が子供の頃は、ちょうどテレビゲームが普及し出した頃でしたから、私はゲーム業界と共に成長したといっても過言ではありませんね。同級生たちに人気があったのは、やはり勇者が魔王を倒すといったような王道のロールプレイングでしたが、私はちょっと違うジャンルを楽しんでいましたね。そう、反射神経が必要とされるパズルです。これはちょっとした自慢ですが、友達を家に呼んで対戦したりもした時は、大抵は私が一番強かったんです。でも、開発会社がなくなったりした影響もあって、あのゲームはもうできないものと思っていましたが、最近CMでぷよぷよ!!クエストというスマートフォン用ゲームの存在を知って、また始めています。
お恥ずかしいことですが、いや、いい歳をしてはまってしまいました。同じ色のキャラクターを四個くっつけて消し、それを連鎖させて高得点を稼ぐというぷよぷよ!!クエストの基本的なルールは、昔プレイしたパズルとまったく変わりません。でも、ネットワーク対応ならではの新しいシステムまで追加されていて、簡単には飽きそうにありませんね。
これはいかにもぷよぷよ!!クエストがスマートフォン用なんだなあと感心した点なんですが、今はキャラクターカードを手に入れて、仲間をデッキにするんですね。以前のバージョンでは女の子の主人公が一人で旅をして敵と戦うというストーリーでしたから、斬新ですし、寂しさを感じることもありませんね。ガチャを引くことによってレアなカードをゲットできる可能性もあるという噂で、毎日ログインしています。
手に入れたカードを育成したり、友達と一緒にギルドを作ったりという新要素が満載なのも、ぷよぷよ!!クエストの面白いところです。ただのパズルゲームは一人きりの作業ですが、これならばほかのユーザーと交流したり、自分の腕だけではなくキャラクターを強化したりという楽しみもありますね。ぷよぷよ!!クエストは、このパズルが好きな方にはもちろん、ロールプレイングを楽しみたい方にも向いていますよ。


人気ゲームは太っ腹な事が多くて助かります。

ブレイブフロンティアはスマホゲームの中でもかなり高評価をされているゲームです。音楽や
ビジュアルは勿論いいですが、人気ゲームだけあってイベントとかが太っ腹な事が多いよなぁ
と他のゲームと比べて思ったりします。

とはいうモノの、イベントでの欲しいユニットなどが一向に出てくれなかったり、ちょっとバランス
おかしくない?と思える程の難しいクエストがあったりして、その辺は変わらずスマホゲーですね。
この前も取り逃してしまいまして、あまりゲームする時間が取れなかった事もありますが、それでも
全員に配布とかあっても良いじゃないかなんて思ったりして、完全に我儘になっている自分がいます。

こういうパーティーを作るゲームは色々と試行錯誤が出来るのが面白い所ですが、究極的に言って
強さを取るか好みを取るかで分かれてきます。期間限定イベントなどの制約がある場合は強いキャラで
固めたりもしますが、それ以外では好きなユニットばかりにしてしまう人が多いですよね。一向に
勝てなくてもその心情を曲げない人も居て、ギリギリではありますが勝てた時なんかはゲームを
やっているって気になります。その辺は良く考えられているようで、勝てると勝てないを織り交ぜる事
でユーザーを楽しませる作戦か、と色んな意味で戦略にハマっていますね。

一つ不満があるとすれば(と言っても細かく言えば複数ありますが)かなりやり込んでくると
画面がごちゃごちゃになってくる所があります。スマホゲーでそもそも画面が小さめですし、
半分はパラメーター兼コントローラー表示なので仕方ないですが、エフェクトとかも派手になって
いきますし、見た目も大きくなっていくし、ダメージ数値も出まくるしでもう何が何だか分からない
時があります。好みの分かれる所ではありますが、手前側のキャラしか見えない、という事も
あるので気になる点です。

昔のゲームっぽいという事で始めましたが、やってみると進化は感じます。ここまで良いと
お金使い過ぎちゃったりとかは気を付けないとならないですよね。


艦隊これくしょん は、好きなあの子を強くできます。

艦隊これくしょん は戦艦や駆逐艦、空母などが女性かしているので男にとっては夢のゲームです。強くしかも女の子ですので思いれがありお気に入りのキャラクターばかり使ってしまいますね。艦隊これくしょんは、今は沢山の登録者が増えて話題にもなっていますしアニメ化もされました。女性のキャラクターもいろんな女の子がいます、かわいい子からお姉さん、黒髪から金髪まで。また戦艦など強いタイプは育てるにはたくさんの資材がかかってしまいますが気に入った物にはたくさん思いれがあります。でもゲームは非常です、艦隊これくしょん ではやられたら復活しません、ですのでお気にいりのキャラクターがやられたら取り返しが出来ません、ですので慎重にしかもたくさんの仲間も強くしていないと一人だけ強くても勝てない部分が出てきます。どの子をお気に入りになるかは人の好みによりますが扱いやすくしかもかわいい子がいいですね。名前も実際に旧日本海軍で使用された戦艦などの名前ですので男性は興味があるはずです。戦艦大和、武蔵、長門など空母も信濃、赤城、飛翔など一度は効いたことのある名前がより取り見取り出てきますのでどの子を使うか悩んでしまいますね。よくよく特性などを考えて使っていかないとやはり攻略は難しいですね、戦艦は強いですが航空機などにはやはり弱いですので空母などで対策をしないとやられてしまいます、ですが戦艦は海の花ですね強く射程もあり一度は使いたくなります、すべてのキャラクターがつかえて強くしていくのが理想ですが限りある資源をどの子に充てるかによりますので考えて使っていきたいですね。決してやられてもう2度と使えなくなるのは避けていきたいですので攻略は慎重に行いたいものです。お気に入りの子がどんどん強くなっていくのはうれしいものですし艦隊これくしょん はよくできているゲームだと思います、メカと女の子はゲームの定番ですし男性は虜になりますね。


サモンナイトメモリーズは原作を知ることで一層楽しくなる

サモンナイトメモリーズというゲームからサモンナイトを知ったというような人は、あまりサモンナイトのことは知らないのではないでしょうか。サモンナイトは確かに結構古いゲームですが、今遊んでもとても楽しいゲームなので、是非やってもらいたいのです。
そのためにも、サモンナイトの各シリーズについて簡素にではありますが、興味を持ってもらうための紹介ができたらなと思います。
まずは1作目となるサモンナイト1からです。サモンナイト1はバンプレストから発売されたPSのゲームで、当時はまだ珍しかったSRPGの戦闘方式を採用しています。
サモンナイトメモリーズにもキャラクターがたくさん出てきているのでご存知かもしれませんが、なんとこの作品には主人公が4人もいるのです。どの主人公になるのかということは、最初の選択で決まるのですが、とても簡単な質問なのでおそらく好きなキャラを狙って行けることでしょう。
次に2作目のサモンナイト2のご紹介です。サモンナイト2は1と同じくPSで発売されたゲームで、こちらも同じくSRPGでの戦闘を採用しています。前作の4人の主人公はさすがに多すぎたと判断されたのか、2では主人公は2人にまで減っており、男か女かという部分で決めるのです。
世界観は同じリィンバウムなので、登場キャラも同じキャラがたくさん出てくると言う特徴もあり、ちょっとしたなつかしさを感じながらプレイできます。
そして、お待ちかねの大人気作品となる3のとうじょうです。3も主人公は2人で男女ということになります。3では今までと違ってPS2への進出を果たしており、グラフィックもかなり綺麗になっています。
特筆すべきは、戦闘中に使われているドット絵の綺麗さで、これがかなり綺麗なのでテンションをあげながら戦闘を楽しむことが出来てしまうのです。
問題はバッドエンドルートにあって、実はこの作品普通にやってるとほぼ間違いなくバッドエンドに向かってしまいます。
もしも、それが嫌な場合には剣は抜かない、ということだけ覚えておいてください。


信長の野望 201X (ニマルイチエックス)で戦国を知る

信長の野望 201X (ニマルイチエックス)は、待望のスマホゲームであると言えましょう。信長は戦国の人物の中でも最も有名な人物の一人です。大河ドラマにもなっていました。大河ドラマは低迷しているようですが、信長のような大人物を主役にすればおそらくは視聴率も取れるのではないでしょうか。しかし、毎年信長を主役にしていると、それはそれで飽きられてしまうということもあるのかもしれません。
しかし、それよりも問題なのは今の若い人たちに日本史の素養がないという点でしょう。テレビ番組なんかで、アメリカと戦争をしたことさえ知らない若者がいるというのには驚きでした。しかし、アジア太平洋戦争などを扱うような大河ドラマは作れないのでしょう。また、作られたとしても、それを美化するようなものになることは必然でしょう。それなら作らない方がいいと思われます。
この点、信長の野望 201X (ニマルイチエックス)はスマホゲームということもありますが、歴史考証もしっかりしており、歴史を学ぶにはうってつけのものではないでしょうか。このような公平な歴史観に立ったアジア太平洋戦争のゲームも、あるいはつくられるべきなのかもしれませんが、そのようなものは叩かれることは確実なので作りにくいというのはあるのかもしれません。
私が好きなのは長曾我部氏です。長曾我部氏が戦国を制覇するというのは、おそらくはありえないのでしょうが、それでも私は常に長曾我部氏を選んでいます。信長の野望 201X (ニマルイチエックス)における長曾我部氏は相変わらずかっこいいです。このように魅力あふれるキャラクターが戦国にはたくさんいましたが、たしかに、現在にはそのような魅力あふれるキャラクターはほとんどいないことは確実でしょう。私はこのような優れた戦国ゲームを毎日行いながら、現代を憂いておりますが、そんな固いことを考える必要もないのかもしれません。ゲームを楽しめばいいのですから。


夢の世界のFINAL FANTASY Record Keep

いつの時代も冒険ものというのは興奮しますし、いったいどんな世界が待っているのか、未知のところにいくことほど興味がわくものはないのです。そんな冒険ものは特に男性には人気であり、探検することはロマンのように感じることさえあるのです。そうした壮大な冒険ができるということであれば是非ともチャレンジしたくなるというものです。スマホゲームのアプリである、FINAL FANTASY Record Keeper – ファイナルファンタジーレコードキーパーはまさにそのようなスマホゲームであり、壮大なストーリーを実感できるのです。FFの記憶が絵画になっている世界で消え始めた記憶を取りもどす大冒険であり、その失われた記憶をどのように取り戻していくのか、実にゲームをしていてそのストーリーに引き込まれていくのです。

このスマホアプリであるFINAL FANTASY Record Keeper – ファイナルファンタジーレコードキーパーはFFファンであれば絶対にやるべきゲームであり、やることで懐かしい気持ちにもなるかもしれません。歴代のFFファンはやはりこのゲームをすることでいろんな記憶が蘇ってくるのであり、音楽や効果音なども注目です。そしてとても気に入っているキャラクター達がタッグを組んで戦う様子は圧巻であり、迫力はかなりあります。そして全てのキャラクターがドット絵で再現されているというのもファンとしてはかなりの喜びになります。

FINAL FANTASY Record Keeper – ファイナルファンタジーレコードキーパーは様々な物語があり、旅行をしながら世界を救おうとするものですのでスーパーヒーローのような気分が味わえるということになります。自分ひとりではなにもできないのですが、こうしたゲームの世界では自分があたかも凄い力を持ってどんどん制覇していくことができるので実に爽快であり、エキサイティングなストーリーとなっているのです。このようなスマホゲームで現実逃避して夢の世界を体験するのは楽しいことなのです。